時めく瞬間 〜機械仕掛けの時計たち〜 vol.2

仕事でキャリアを重ねるガイズ世代の男なら、ワンランク上のおしゃれや身だしなみにも、こだわりたいところだ。中でも機会式時計を手に入れることは、「仕事にハリが出る」「自分へのご褒美」など、所有欲を満たしてくれるアイテムとして重要視されている。橋口和之さんも、そんな機械式時計に魅せられた一人だ。

橋口さん(手前)と植山店長

橋口さん(手前)と植山店長

時計に興味を持ったきっかけは?

橋口さん:40歳になるまで時計に対して興味がありませんでした。手首に何かを着けるのが好きじゃなかったんです。だけど仕事をする上で「さすがにこの歳になって時計を着けとかないとおかしいかな」と思って購入を決めました。それからというもの、本やインターネットで、すごい数の時計を調べました。まずはどんなブランドがあるのかとか、どういう形があるのかとか。それこそ吐きそうになるくらいに(笑)

初めての一本の購入の決め手は?

橋口さん:最初に購入したのは、今日着けているゼニスの時計です。前もって目星をつけて来店したんですが、結果的に選んだのは、ゼニスの中でも「一番ないな」と思っていた時計でした(笑)。植山店長が「これどうですか?」ってひょっこり持ってきて。実際に装着してみると、一番しっくりきました。今では仕事に欠かせない存在です。4本の時計を持っていますが、TPOで使い分けて楽しんでいます。

橋口さんが初めて購入した機械式時計「ZENITH(ゼニス)タイプ20 エクストラスペシャル」。皮ベルトは使い込むほどに味わいが深くなる

橋口さんが初めて購入した機械式時計「ZENITH(ゼニス)タイプ20 エクストラスペシャル」。皮ベルトは使い込むほどに味わいが深くなる

時計を提案するポイントは?

植山店長:橋口さんにもっといろんな時計を見て欲しいという思いがありました。最初からその時計が似合うと思っていたわけではないんですけど、会話の中で「これが似合いそうだな」と感じました(笑)。初めて購入されるお客様は、どうしても一本に決めがちです。一概には言えませんが、同じ金額でも、2〜3本の中から選ぶのと、5〜6本の中から決めるのとでは購入後の満足感も違ってきます。最初は素直に「これかっこいいな」とか「あそこに着けて行きたいな」というのを気付いていただければ幸いです。

店舗は加治屋町の電車道路沿い。植山店長は「気軽に見に来てください!」とPRする

店舗は加治屋町の電車道路沿い。植山店長は「気軽に見に来てください!」とPRする

時計が気になっている人に一言

橋口さん:最初はお店の敷居をまたぐのに勇気がいると思うんですが、実際に入ってみると、店長も気さくな感じですぐに安心できます。しばらくしたら緊張がほぐれて、初日から3時間もおしゃべりしていました(笑)。強引に薦められることはないので安心してください。

植山店長:橋口さん、私が一番お話したかったことを代わりに語っていただき、ありがとうございました!

 

m1607110048精光堂 鹿児島店

取り扱う時計は全て正規輸入品。機械式時計の専門知識を持ったスタッフが、納得がいくまで丁寧に説明を行ってくれる。実際に手に取り、装着して雰囲気を試すこともできる。同店舗のほか、イオンタウン姶良店、イオン隼人国分店もある

住所 鹿児島市加治屋町12-5東京海上ビル1F 電話 099-805-0787 営業時間 11:00〜19:30 休み 不定 http://www.seikodo.org

関連記事

PICK UP

COLUMN
2017.8.3

自宅の屋上がアウトドアスペースに!

晃栄住宅が提供する“第二のリビング” 屋上庭園で生活をもっと楽しく! ニーズに合わせてさまざまな使い方ができる、晃栄住宅の屋上庭園。 今回は、日置市…

MOST VIEWED

ページ上部へ戻る