もしも車が買えたなら 試乗車ハンターの妄想フォト vol.2

“「やっちゃえNISSAN」の新型セレナで 永ちゃんになりきる”の巻

真夏の某日、試乗車ハンターが足を運んだのは鹿児島日産自動車中央店。8月に発表されたばかりの新型「セレナ」に試乗するためだ。日産といえば、矢沢永吉さんが出演するCMでおなじみだが、自らの人生哲学を語るその映像は圧倒的にカッコいい。「やりたいことやっちゃう人生の方が、間違いなく面白い」なんて言われて鼻息が荒くなるのは自分だけではないはず。「彼みたいな渋い男になりたい、いや、むしろ矢沢になりたい!」。今回は「俺は矢沢永吉」と妄想しながら、セレナの試乗を楽しんできた。

u160829119

セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション ※試乗車のボディーカラー:ダイヤモンドブラック インテリアカラー:ブラック ○全長/全幅/全高:4770mm/1740mm/1865mm ○車両重量:1650kg ○最小回転半径:5.5m 燃料消費率:(JC08モード):17.2km/l ○総排気量:1997l ○エンジン種類:MR20DD ○最高出力(ネット):110kW/6000rpm ○最大トルク(ネット):200N•m/4400rpm ○燃料タンク容量:55l ○乗車定員:8人 ○メーカー希望小売価格(税込み):291万6000円(車両本体価格)

 

新型セレナの大きな特徴は、同一車線自動運転技術「プロパイロット」。高速道路でプロパイロットを起動すると、車線内の位置と先行車との車間距離を感知して、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御。ドライバーが負担を感じる長時間の巡行走行や、ダラダラした渋滞走行のストレスを緩和してくれる。一般道でも前方を走る車との車間距離を自動制御してくれるというから、運転担当の親父たちにとっては魅力的な機能だ。

u160825020

※実際はハンドルから手を離したらダメだぜ

車内もゆったり快適。セカンドシートは690㎜のロングスライドで子どもの着替えもスムーズ。また、サードシートの座面も前後にスライド(グレード別設定)するので開放感が高い。このほか、ドアノブに触れなくても自動で開閉するスライドドア(グレード別設定)や、荷物の出し入れが簡単なデュアルバックドア、キャップレス給油口など、乗り手の使い勝手を追求した造りになっている。

u160829190

高速道路で鹿児島市内から姶良インターチェンジまで試乗ドライブ。ちょっとハンドルに手を添えていただけだったが、ステアリングは車線中央を維持して、先行車との車間距離もがっちりキープ。同乗者との会話も弾み、思わず「やっちゃえNISSAN」なんちゃって。

04-nissan-1

 

 

%e6%97%a5%e7%94%a3

鹿児島日産自動車

新型セレナは平日のみ試乗可能(予約がベター。申し込みはホームページからも出来る)。

試乗したプロパイロットエディションは2017年3月末までの期間限定販売。詳しくは問い合わせを。

住所 鹿児島市南林寺町31-1(中央店)

電話番号 099-227-2332

営業時間 9:30〜19:00

休日 水曜

http://www.kagoshima-nissan.co.jp/

 

関連記事

PICK UP

COLUMN
2017.8.3

自宅の屋上がアウトドアスペースに!

晃栄住宅が提供する“第二のリビング” 屋上庭園で生活をもっと楽しく! ニーズに合わせてさまざまな使い方ができる、晃栄住宅の屋上庭園。 今回は、日置市…

MOST VIEWED

ページ上部へ戻る