趣味YOU遊vol.2〜鹿児島が誇るトップモデラー

思い描くワンシーンを模型で創造 鹿児島が誇るトップモデラー

Text by.Makoto Tanaka(GUYZ編集部)

「プラモデルの楽しさは、手のひらの上で楽しめること。絵と違って四方から眺めることができるのはいいですね。見る人もいろんなストーリーを想像できます」と語るのは、霧島市で「マルタカヤ模型」を営む岩重賢司さん。プラモデルと聞くと子供たちの趣味の域と思われがちだが、岩重さんが作るミニチュアフィギュアやジオラマは精巧だ。

u1610200205

表情や質感、ディテールはもちろん、テーマや背景、ストーリーにまでこだわり、その作品は国内外のプロモデラーから一目置かれている。最新作「1/35『Kamerad !』」=フェイスブック参照=は、北アフリカを舞台にしたミリタリーのジオラマだが、戦闘の合間の兵士たちの休息を、ほのぼのとした雰囲気で作り上げている。岩重さん会心の作品だ。

初めて模型に触れたのは小学生の頃。母親にゼンマイ仕掛けのタイガー戦車を買ってもらったのがきっかけ。以来、船や飛行機、戦車などあらゆる模型を作りまくった。

u1610200317 u1610200305 u1610200287 u1610200277 u1610200271 u1610200268 u1610200266

今では、その作品や制作技術が専門誌などでも取り上げられ、特に、岩重さんが生み出した塗装技術「マルケン塗り」は、服のシワや筋肉の凹凸の陰影などをより自然に表現できる方法として、プラモデル業界で知らない人はいないほどだ。u1610200180これまでに作った作品の数は80点にのぼる。どれもお気に入りだが、模型の全国コンテスト「JMC大賞」を受賞した、スバル360のジオラマ「たーまやー」は思い出深いそう。

ほかにも、老夫婦の結婚記念日を表現した作品や、u1610200261犬や馬など動物が登場する物語のような作品など、u1610200275身近な題材を取り上げているのも岩重さんのジオラマの特徴だ。「最近はルノーのジオラマを作りました。車やバイクといった乗り物を題材にすると、多くの方に興味を持っていただけるんです」

u1610200247

趣味ではない本業でもジオラマを制作することがある。主に模型雑誌の作例依頼だ。「雑誌の仕事は締め切りがあって大変です。毎朝3時起きが1週間ほど続きます」とぼやきが出つつも「仕事でも趣味でも模型を作らせてもらって、幸せですよ。もう十分」と岩重さんはほほ笑む。

u1610200255 u1610200198 u1610200351 u1610200350

模型作り

ガンプラみたいに、接着剤不要、塗装済みの模型が初心者の方にはおすすめです。とりあえずニッパーがあれば大丈夫。そこから自分が作りたい模型に必要な工具や材料をそろえていけばいいと思います。高いものを使う必要はまったくありません。100円ショップで手に入る材料も少なくないですよ。

 

u1610200175岩重 賢司さん(56歳)

加治木工業高等学校建築科卒業後、家業である「マルタカヤ玩具店」の手伝いを経て模型製造・販売の株式会社タミヤに入社。企画部で5年間、模型の設計に携わる。帰鹿後は模型販売に特化した「マルタカヤ模型」を営む。

u1610200347マルタカヤ模型

住所:霧島市国分中央3-12-40

電話:0995-45-1296

営業時間:10:00〜19:30

休み:火曜

P:3台

https://www.facebook.com/maruken28/

関連記事

PICK UP

COLUMN
2017.8.3

自宅の屋上がアウトドアスペースに!

晃栄住宅が提供する“第二のリビング” 屋上庭園で生活をもっと楽しく! ニーズに合わせてさまざまな使い方ができる、晃栄住宅の屋上庭園。 今回は、日置市…

MOST VIEWED

ページ上部へ戻る