ミニ四駆再入門〜あの頃の興奮がよみがえる!

昔を振り返りながら、新しいマシンに触れてみる。 ミニ四駆バーのオーナーと元ジャパンカップチャンピオンが 大人になった今だからこその楽しみを語る。

m1606170602-5-6

 

 

偶然にも同級生だった二人

かつての「ミニ四駆時代」を語る

 

大平さん(以降大平 ) 昔がっつりやっていた同級生と会うのは初めてかもしれないです。m1606170054

渡邉さん(以降渡邉 ) 結構走らせていました?

大平 僕は公園や路上で走らせる“野良”でした。

渡邉 当時はなかなかコースがなかったですよね?

大平 そうそう。道路で遊ぶ子たちはよく見かけました。友達から「側溝に落ちた!」という話をよく聞きました。ミニ四駆あるあるですね(笑)

渡邉 僕がミニ四駆デビューしたのは小学一年生です。当時はブーメランジュニアが主流でした。初めて買ったのはサンダードラゴン。m1606170187

大平 僕はセイントドラゴンだったかな。

渡邉 ミニ四駆の初期はラジコンバギーのミニチュア版でしたよね。それで山道を走らせたりとか。

大平 僕がミニ四駆を始めたのは家族がきっかけ。親父と兄ちゃんがはまっていて、その“おこぼれ”でやっていました。61歳の親父は今でもやっています。それこそ一緒に“現役復帰”しました。ちょうど3年前でしょうか。

渡邉 すげー! 25年前ということは、大平さんのお父さんは36歳。ちょうど今の自分らの歳の時に走らせていたんですね。

大平 そうですね。今はちょうど第3次ブームと呼ばれていますよ。m1606170514

渡邉 俺らの頃は、第1次ブームが落ち着いて、第2次ブームが始まる前の谷間でしたね。漫画「ダッシュ!四駆郎」が流行ったのが、第1次ブーム。

渡邉 ミニ四駆歴で言うと、本格的にやっていたのは小学2年生から5年生まで3年間ほどかな。1991年にジャパンカップで優勝した翌年の6年生までやっていました。

大平 昔、ミニ四駆には引退がありましたもんね。小学校を卒業すると大会m1606170006に出られなくなるっていう。だから僕らアラサー世代や、その時やっていた子のお父さんとか、50代のおじさんたちしか当時のミニ四駆のことを知らないんです。そういう意味ではミニ四駆って歴史があります。30年ですよ!

渡邉 30年かぁ! おじさんになる訳ですよね(笑)。僕らがミニ四駆に触らなくなってから、第2次ブームが到来して、漫画「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」が流行って。でも僕らはその時はすでに“大きなお兄ちゃん”になっていたので、遊びたくても遊べなくて(笑)

 

 

ページ:

1

2 3 4

PICK UP

COLUMN
2017.8.3

自宅の屋上がアウトドアスペースに!

晃栄住宅が提供する“第二のリビング” 屋上庭園で生活をもっと楽しく! ニーズに合わせてさまざまな使い方ができる、晃栄住宅の屋上庭園。 今回は、日置市…

MOST VIEWED

ページ上部へ戻る