一時は声を失いつつも芸道を追求した 落語家、桂福団治を追いかけた 長編ドキュメンタリー映画

関西演芸協会第10代会長、上方落語協会理事、日本手話落語協会会長を務めるベテラン落語家・桂福団治。彼は声帯ポリープが発覚した際に一時期声が出なくなるが、それがきっかけで手話落語に取り組み始め、1980年に手話落語で「寿限無」を初披露。持ちネタは幅広く「蜆売り」「薮入り」「ねずみ穴」などの人情噺を得意にしている。今作はそんな福団治の落語愛や価値観、生き様などを追いかけた長編ドキュメンタリー映画。

人情噺の福団治

(監)伊藤有紀 (出)桂福団治 (音)原みどり 2016年・日本/記録映画「人情噺の福団治」製作委員会/71分

ガーデンズシネマで2017年1月2日から上映

PICK UP

COLUMN
2017.8.3

自宅の屋上がアウトドアスペースに!

晃栄住宅が提供する“第二のリビング” 屋上庭園で生活をもっと楽しく! ニーズに合わせてさまざまな使い方ができる、晃栄住宅の屋上庭園。 今回は、日置市…

MOST VIEWED

ページ上部へ戻る