人気SUV「ハリアー」が マイナーチェンジ

Text by.Makoto Tanaka(GUYZ編集部)

1997年の発売以来、ガイズ世代の“モテ車”として人気を集めているトヨタ「ハリアー」が、マイナーチェンジしてさらに魅力的に生まれ変わった。 

 

まずはその外観。切れ長でシャープなボディーに、一列に配した3眼の輝きが精悍な印象を与えるヘッドランプ。オートレベリング機能により、直進やカーブなど車両姿勢の変化に応じて照射軸を一定に保ち、さらに、アダプティブハイビームシステム(ELE(ハイブリッド車・ガソリン車)を除く全車に標準装備)によって、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるようになった。これによって、ハイビームのまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保した。

 

また、ウインカーにはLEDシーケンシャルターンランプ(ELE(ハイブリッド車・ガソリン車)を除く全車に標準装備)を採用。右左折時に車両内側から外側に向けて流れるように点灯することで、未来的な印象を演出するとともに、優れた視認性も実現。 

 

安全性能も進化した。衝突回避を支援し、万が一の時の被害軽減に貢献する「プリクラッシュセーフティシステム」のほか、車線逸脱の可能性を警告する「レーンディパーチャーアラート」、適切な車間距離を保って追従走行する「レーダークルーズコントロール」などを搭載。駐車場や交差点で、周囲の安全確認をサポートする「パノラミックビューモニター」(PRO“M”、PROに標準装備)は、車両を上から見たような映像をナビ画面に表示。運転席からの目視だけでは見えにくい、車両周辺の状況をリアルタイムでしっかり確認することができる。

 

さらに、スイッチ操作で開閉できるパワーバックドア(ELEを除く全車に標準装備)や多彩なシートアレンジなど、レジャーでもその機能を大いに発揮してくれそう。

 

今回のマイナーチェンジでは、ハイブリッド車、ガソリン車に加えて、2.0Lターボエンジンモデルを追加。走りを重視する人にとってはうれしい選択肢が増えた。価格は294万9480円〜。

鹿児島トヨペット 南栄店

住所:鹿児島市南栄5-10-23

電話:099-267-6222

営業:10:00〜17:40

休み:月曜

P:あり

WEB:http://kagoshima.toyopet-dealer.jp/

関連記事

PICK UP

COLUMN
2017.8.3

自宅の屋上がアウトドアスペースに!

晃栄住宅が提供する“第二のリビング” 屋上庭園で生活をもっと楽しく! ニーズに合わせてさまざまな使い方ができる、晃栄住宅の屋上庭園。 今回は、日置市…

MOST VIEWED

ページ上部へ戻る